Into The Ink

枯れ果てた日々に色がついた
世界が塗り替えられていく
言葉なんてそこにはいらなくて
刹那の出会いと別ればかり

今日も叶わない
手が届かない
終わりは見えているのに
じっと息を潜め
飛び交う色彩を眺めているだけ

僕の指が錆びついて、世界が灰色になって
忘れてしまおう、それがいいのなら
僕の想像が枯れ果てて、色を無くしたら
あぁ、まだ続けるのかなぁ

触れるたびに消えてしまう
始まりでまた目が覚める
現実逃避、悪い夢を見ていた
喜びと悲しみを繰り返して

今日も奪われる
取り戻せない
終わりが見えなくなった
何も変わらない
広がる色彩に沈んでいくだけ

僕の鼓動が高鳴って、世界が廻りだして
忘れてしまえたならそれでいいかな
僕の声が枯れ果てて、色を灯したら
あぁ、また始まるのかなぁ